•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    長年使われていなかったチンポが娘の手によって硬くなってしまった!今日は夫婦の結婚記念日、美波は豪華な食事を作り、何も食べずに夫の帰りを待ちました。しかし、到着が遅くなると夫からメールが来て帰宅できなくなった。この時、義母が到着しましたが、夫はまだ戻っていなかったので、彼女を夕食に招待しました。一人のときはいつも話し相手がいて気持ちを分かち合えるので、みなみさんはよくお酒を飲みました。彼女は狂ったように眠っています。すぐに義父は彼女を部屋に連れ帰り、抵抗力の弱い彼女の体を支配した。彼は彼女の体中、汗の一滴一滴、欲望の一滴までを舐め、吸いました。そして義父はみなみに対してこの卑劣な行為を繰り返した。彼はそれが好きではなかったが、どういうわけか彼の体はそれを拒否しなかった。舌で彼女の周りを舐めるたびに、彼の欲望は解放され、彼の体はゆっくりと彼女の中に入ってきました。