•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    「タカシ君、来月の温泉旅行まで我慢してください」義父が私に言った言葉です。話の内容は、義父が腰痛で家族全員で旅行に長いこと行っていないので、来月数日休みが取れる機会に家族全員で温泉に行くことになりました。どうしても孫が欲しかった義父は温泉が「子作り」に良いと聞き、強制拘束して一ヶ月間精子を溜める事に!そしてこの日が来ました、この一ヶ月の苦しみのせいで、私はそれをとても切望していました!しかし、彼は要求し続けましたが、妻は依然として拒否しました。眠れず、空気を吸いに歩き回ったところ、義母に会いました。私の義母は高齢ですが、今でもとても美しいです。母がトイレに入っていくのを見て、私も思わず後を追った。母の豊満でセクシーな体を見ていると、一ヶ月間自分を抑えたいという衝動が加わり、もう自分を抑えることができませんでした!私は母の体を乗っ取ろうと突っ走り、長年溜め込んだ精子を母の芯まで放出しました!気を取り直して母に謝って帰りました。しかし興奮はまだ残っていたので、父に起こされるのを恐れて母の部屋に行ったので、母は私をバスルームに連れて行き、率先して私を犯しました!お父さんは腰痛のため、長い間お母さんとセックスしていなかったことが分かりました。お母さんの興奮は私よりもさらに長く高まっていました。お互いを理解し合った二人は、旅の間ずっと密かに愛し合い続けた。数か月後、母が夫と私を呼び寄せ、妊娠したことを告げました。妻も義父もとても喜んでいますが、お腹の中に誰の赤ちゃんがいるのかは私と母しか知りません…。